採用トレンド:4月~6月|人の動きのデータを採用計画に役立てる

中途採用、パート・アルバイトの募集。人が動いている時期に効果的に求人募集をしたいですよね。採用担当のお客様より、「採用したいんだけれど、今の時期ってどうなの?人動いてるの?」とよくお問い合わせをいただきます。そんな採用活動計画の参考にしていただけるように、4月~6月のスケジュール、イベントや行事に伴う人の動きのデータをまとめてみました。

採用にまつわる4月~6月の人の動き

高校生、大学生、フリーターや転職者、パートアルバイト、それぞれの属性によって、仕事探しの時期には特徴があります。

4月~6月は、有効求人倍率が右肩下がりになっています。新年度に向けての人の入れ替わりが落ち着き、それに伴い求人数も落ちてきます。正社員の転職希望者に関しては、年度末を区切りに4月入社される方が多いので、この時期の活動は減少する傾向にあります。

一方、学生や主婦のパート希望者は、新年度がスタートしてからだんだんと仕事探しが活発になります。求人倍率が下がり、求職者が増えるパート領域は、この時期からの採用活動がオススメです。また、6月から夏の短期アルバイトへの活動が

採用担当のお客様より、「採用したいんだけれど、今の時期ってどうなの?人動いてるの?」とよくお問い合わせをいただきます。そんな採用活動計画の参考にしていただけるように、4月~6月のイベントや行事に伴う人の動きをまとめてみました。

採用に適した時期をデータから見る

4月~6月の特徴的な人の動きを上記でご紹介しましたが、そもそも1年間の中で、一番人が動くのはいつの時期なのか?

以下は、GoogleTrendsというツールのデータです。求職者が仕事を探すときには、Googleなどの検索エンジンで、「求人」や「転職」と検索してリサーチしている人が多くいます。Googleトレンドを使えば、【どの時期にたくさんの人が検索しているのか?=仕事を探しているのか】のデータを見ることができます。

こちらのデータを見ると、年明け1月~3月の人の動きが一番活発であることが分かります。毎年このトレンドは変わりません。また、10月~12月、年末になるに従い、仕事を探す人は少なくなっていくことも、こちらのデータより分かります。

採用担当のお客様より、「採用したいんだけれど、今の時期ってどうなの?人動いてるの?」とよくお問い合わせをいただきます。そんな採用活動計画の参考にしていただけるように、4月~6月のイベントや行事に伴う人の動きをまとめてみました。

いかがでしょうか。
採用計画において一番重要なのは、自社の事業・組織計画ですので、人が動くから募集をする、動かないから募集をしない、という簡単な話ではありません。しかし、せっかく採用活動をするのであれば、ターゲットとなる方の動きも考慮しながら、効果的に実施したいですよね!

求人募集についての無料相談はこちらから

採用や人の動き・データに関連する記事

採用事例
建築設計士|即戦の経験者を採用するには、何を伝えればいいの?
建築設計士|即戦力になる験者を採用するには、何を伝えればいいの?
カテゴリー
採用事例
採用・雇用データ
年末年始に採用活動(中途社員の募集)をするメリットとは?
カテゴリー
採用・雇用データお役立ち情報
採用ノウハウ
内定辞退を防ぐには?!採用サイトが転職者に与える影響とは
ペルソナ通りの人を採用するために、採用サイトを見直しませんか?
カテゴリー
採用ノウハウ

オンラインセミナー予約受付中!

定着・育成・マネジメント
自動車部品メーカー限定│自社らしさが”必ず”明確になるワークセッション
定着・育成・マネジメント
人事担当・経営者向け|社員が活躍する、生産性の高い組織をつくる!~FFS理論 無料紹介セミナー~
新卒採用
スグ役立つ!4大卒理系採用の「今」と今後の地域製造業の戦い方