3月最新情報!2024年新卒 内定率最新データと選考参加学生UPの打ち手【新卒採用情報】

3月1日、各種ナビサイトが解禁となりました。今年は特に、「説明会の参加予約獲得」で苦戦している企業様が非常に多く、弊社でお手伝いをしている企業様の大手メガサイト2社の様子を見てみますと、いずれのサイトも説明会予約数が昨対5割程度となっております。

先月号でもお伝えした通り、理系はゴールデンウイーク明け、文系は6/1には半分の学生が就活終了をしてしまうため、3月~4月で説明会・選考への参加学生数をいかに確保するか、が重要です。今月は、少しでも説明会予約数の改善がしていただけるよう、小技をご紹介していきます。

詳細はYouTube「R4新卒情報番組MTV」でも解説しておりますので、お手すきの際に合わせてご視聴いただければと思います。

3月1日最新データ!2024年新卒採用 内定率

2023年3月1日時点 2024年卒 内定率

とうとう3月1日時点で、内定率30%超え
各社の「選考活動の早期化」が顕著になった数値となりました。 一方で、学生の1月~2月中の活動量は、説明会への参加数、面接を受けた社数など、各プロセスで昨年のアクション数を下回っています。

2023年新卒 採用充足度データ

就職みらい研究所が発表している「就職白書2023」によると、23卒採用が計画通りに充足しなかった企業が約6割。更に、その内50%以上の企業様が、未充足の要因として、想定以上の「選考応募者の少なさ」「内定辞退の多さ」を挙げています。

「早期選考・内定出しを実施し、3月からは辞退分も加味した母集団形成を。」と計画されていたかもしれませんが、沢山行動せずとも内定獲得がしやすい状況のため、今後急激にエントリー数が伸びることも期待しづらい状況です。今後は下記2点が採用目標達成のための注視ポイントになるでしょう。

・有効母集団の数=説明会・選考にどれくらい参加しているのか
・会えた学生への動機形成機会が十分か

2024年新卒 説明会予約数改善ポイント

<マス戦法>リクナビ内での発見率UP!検索軸の見直し

説明会予約を増やすためにはまず、発見される=検索にHITする、がファーストステップです。ここでは、今すぐ無料でできる、リクナビ内の改善ポイントを2点ご紹介します。

POINT1:自社のメイン業種設定を見直す

リクナビでは、原稿を作成する際、自社の業種を最大5つまで設定することが可能です。弊社R4をリクナビ2024のトップ画面から『R4』で検索しますと、検索結果画面には下記の画面が表示されます。
赤線部の1行目が「メイン業種」、2行目がサブ業種となっています。

学生側からすると、下記画像のようにデフォルト設定されている「この業種に特に力を入れている企業」から、わざわざ「この業種にかかわる企業すべて」に検索条件を変更しなければ、「サブ業種」に設定されているものは検索にHITしません

リクナビ2024の企業検索画面抜粋

弊社でもメイン業種を「コンサルタント・専門コンサルタント」から「広告」に切り替えたことにより、PV数・エントリー数の大幅改善がみられております。
是非、メイン業種を学生人気の高そうなものに入れ替える、を実施いただければと思います。
※編集対象原稿は「会社トップ画面」になります。操作のご不明点については、営業担当までお問合せください。

POINT2:日程未定・個別調整可の説明会予約画面を用意する

学生も選考参加などで忙しくなる時期のため、「日程都合つかず」が理由で説明会予約ができないというお声もよく聞きます。
「スケジュールが空いていたから、たまたま開催しているものに参加した」というパターンと「スケジュールに空きはないが、いつでも視聴可or個別調整可なら参加しよう」というパターン、いずれも対応できる状態が理想となりますので、「日程確定」のものと、「日程未定」のもの、「生配信」と「録画型」のもの、というように、学生の選択肢を狭めない説明会開催方式・予約画面立ち上げをお勧めします。

リクナビ2024 R4の説明会画面抜粋

<個別戦法>スカウト&説明会個別開催での1分の1採用

YouTubeやAmazonをはじめ、日常の様々な場面で「自分に合う情報がオススメされること」が当たり前な中、就活においても、自分のことを一定評価した上で声がかかる「スカウト」は学生を動かす、という点で非常に適した手法です。
弊社でも取り扱いをしている、学生利用率No.1のスカウトメディアサービスである「OfferBox」の会員数は、23卒時点でとうとう就活生の2人に1人が利用する状態です。

また、スカウト経由のエントリー者は、マス広報での一括エントリーに比べて、選考参加率も高くなる傾向ですが、大前提、「自分に合っている・合わせてくれる」と思ってもらうことが重要です。
説明会や面談の案内をする際には、前述の『 <マス戦法>リクナビ内での発見率UP!検索軸の見直し』でも触れている通り、「個別の日程調整可能」な旨を必ずお伝えください。

まとめ

3月~4月で説明会・選考への参加学生数をいかに確保するかが新卒採用では重要となるため、この3月4月はマス戦法・個別戦法を上手に掛け合わせ、「説明会・選考参加学生数」の確保に注力しましょう。
※リクナビ操作・リクナビスカウト・OfferBoxなどについての詳細は営業担当までお問合せください。

【新卒採用情報】過去のメルマガを見る

メルマガ申込フォーム
メルマガを受信されていない方で、受信希望の方は 【こちらのフォーム】 より無料でお申込いただけます。

【25卒】早期化マーケットの中、今からやるべきこと【26卒】早期接点がポイント!学生の動き出しに合わせた活動準備New!!
【24卒・25卒・26卒】3世代の対応にあたり「今」できるベストなこと!
【25年新卒】秋のインターンシップ参加学生減少の理由と”今”できる打ち手