採用手法を比較!それぞれのメリット・デメリットを解説

中途採用手法を比較!最新のトレンドやメリット・デメリットを解説

世の中には様々な採用手法があります。今回はその中でも、中途採用について解説します。これまでは無かった様々なサービスが登場していますので、「最新のトレンドが知りたい」「自社にあった採用手法を見極めたい」などお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください。
合わせて、当社R4でも取り扱うサービスもご紹介しています。

採用の手法(中途採用)

近年新たなサービスが次々とリリースされ、中途採用にも様々な手法が登場するようになりました。それぞれの手法の特徴と、メリット・デメリットをお伝えします。

転職サイト

企業が求人広告を掲載し、求職者から応募を募る採用手法です。中途採用手法として古くから存在し、最も有名な手法のひとつです。

現在では、特定業界に特化した転職サイトや掲載課金型ではなく応募数、採用数に応じた成果報酬型のサービスも登場するなど、転職サイトの中でも様々なサービスがリリースされています。

費用 数万~数百万円(掲載サイズや掲載期間、表示順位によって変動)
メリット ・不特定多数の求職者にリーチできることはもちろん、スカウトサービスを併設しているサイトが多く、特定ターゲットへのアプローチも可能
・掲載課金の場合、採用数によっては採用単価を抑えることができる
デメリット ・求人件数によっては自社の情報が埋もれてしまう場合がある
・掲載課金の場合、採用できなかった場合でも費用が発生する
サービス例 リクナビNEXT、doda、マイナビ転職、エン転職 …

人材紹介(人材斡旋、転職エージェント)

人材紹介会社に登録している求職者の中から、自社にマッチした求職者を紹介してもらう方法です。こちらも転職サイト同様に古くから存在するサービスの一つで、近年最も伸びている手法になります。

現在の市場規模は6000億円程あり、求人広告4150億円を上回るまでに成長しています。(出所:公益社団法人全国求人情報協会調べ)少子高齢化に伴う労働人口の減少から企業の採用難易度は年々高まっており、成果に対して費用が発生する人材紹介の方が企業側にとってリスクが小さい点が要因として考えられます。

費用 成功報酬型(採用できた方の想定年収の30~35%が相場)
メリット ・特定の経験やスキルを持った人材を効率的に探すことができる
・成功報酬型なので、採用が決まるまでコストが発生しない
デメリット ・年収の35%が成功報酬の相場となっており、採用単価が高くなる
・紹介会社への依存度が高く、自社に採用活動に対するノウハウが蓄積されにくい
サービス例 リクルートエージェント、マイナビエージェント、dodaエージェントサービス、
R4CAREER(当社サービス) …

求人特化型検索エンジン

職種や勤務地などのキーワードで検索して、希望の仕事を探す手法で、近年主流になりつつある手法の一つです。もっとも有名なサービスとして「Indeed」があります。
クリック課金型のサービスが多く、求職者にクリックされた回数によって費用が発生します。無料でも求人情報を掲載出来るため、採用予定人数や緊急度によって有料・無料の使い分けが出来たり、採用が難しい特定案件に予算を集中させたりと、自由度の高い使い方が可能です。

費用 0円~
メリット ・無料で求人情報を掲載することが出来る
・求人案件の出し入れをタイムリーに行うことができる。
 また、案件の優先順位によって予算配分を自由に変えられるなど、採用状況によって
 戦略を立てやすい
デメリット ・掲載件数が多いため、埋もれない為の対策が必要
・運用にあたって、WEBに関する知識が求められる
サービス例 indeed、求人ボックス、スタンバイ、Googleしごと検索 …

オウンドメディアリクルーティング(自社採用ホームページ)

自社の採用ホームページを使って、採用活動を行う比較的新しい採用手法です。
求人特化型検索エンジンの普及や求職者の仕事探しにおけるITリテラシーの向上により、転職サイトなどに求人情報を掲載しなくても、検索エンジンから自社採用ホームページへの流入を獲得することで、社名の知られていない中小企業でも自社採用ホームページ経由からの応募獲得ができるようになりました。

また、転職活動者の約85%が「採用サイトの情報は重要だと感じる」というアンケート結果もあるように、採用ホームページ上で会社の理念仕事内容の詳細などの情報提供を行う重要性は高まっています。

費用 自社制作できれば無料。外注する場合は数十万~数百万円。
メリット ・自社への志望意欲が高い人材からのエントリーが獲得できる
・コストを掛けなくても継続した募集活動が出来る
デメリット ・転職サイトなどに比べて短期的に効果を出すことが難しい
・応募段階での自社への入社意欲が低いケースが多く、面接での動機形成などが必要になる・自社の求めている人材に対して直接アプローチが可能
・サービスによるが、人材紹介と比べて安価で採用できるケースが多い
サービス例 Airワーク、エンゲージ、ワガシャde DOMO、集(当社サービス)…

ダイレクトリクルーティング

転職サイトのように、求職者からの応募を待つ受動的な採用ではなく、企業側から求職者にアプローチしていく、近年広まってきた新たな採用方法です。
登録されている情報を閲覧し、「自社で活躍してくれそうだ」と感じた人材にスカウトメールを配信して応募を募るため、比較的自社にマッチした人材からの応募獲得が可能となり、効率的な採用活動が実施できます。
一方で、スカウトを見ての応募になるため、応募段階では自社への入社意欲が高くないケースもあり、選考中での動機形成などの工夫も必要になってきます。

費用 成果報酬型、応募課金型などがある
メリット ・自社の求めている人材に対して直接アプローチが可能
・サービスによるが、人材紹介と比べて安価で採用できるケースが多い
デメリット ・スカウトメールの作成や対象者の抽出など、採用担当者の労力が掛かる
・採用サイトを作るのに数十万円~数百万円の初期費用が掛かる
サービス例 リクナビNEXTまいにちサービスサーチオファー、ビズリーチ、DODAリクルーターズ、Green …

弊社R4が取り扱う採用手法

上記では世の中に存在する主要な中途採用手法についてご紹介させていただきましたが、ここからは弊社で取り扱う具体的な商品サービスについて、ご案内させていただきます。

リクナビNEXT(転職サイト)

リクナビNEXT

会員数登録者数No.1(総会員数約1000万人以上)で、主要転職サイトの中でも、出会える人材が最も多いサイトになっています。また、求職者の興味度合いに応じて5種類のアプローチ方法を用意。ターゲットから確実に応募獲得するための仕組みが充実しています。

R4CAREER(人材紹介)

R4CAREER

弊社R4のグループ会社『R4CARRER』は愛知・岐阜・三重の東海三県の企業に特化した人材紹介会社として10年以上の歴史を誇り、業界・職種問わず多くの転職をサポートしてきました。一人のコンサルタントが企業・求職者の両面でサポートさせていただく為、企業にマッチした人材のご紹介が可能です。

Indeed(キーワード検索特化型求人サイト)

indeed

CMでお馴染み!掲載件数No.1、月間訪問者数No.1の求人サイトです。正社員、パートアルバイト、あらゆる業種・職種の採用に適しています。当社はindeedの公式運用代理店としてシルバープラスパートナーの称号を取得しています。SEOライティング専門のライターやWEB解析士の資格を持ったindeed専門の運用チームが企業様の募集活動のサポートをさせていただきます。

Airワーク(オウンドメディアリクルーティング)

0円でカンタンに求人募集ができる採用支援ツールです。Airワークで作成した求人情報は世界No.1(※)の求人サイト・Indeedへの掲載も可能です。正社員・パートアルバイトのどちらも募集できます。決められたフォーマットの中で、写真やテキストを組み合わるだけで、簡単に情報発信ができるため、自社採用ホームページとしてもご活用いただけます。応募者情報を閲覧したり、応募者とメールのやり取りもできる「応募者管理」ができるシステム機能も標準セットされています。

集-shu-(オウンドメディアリクルーティング)

shu

高いデザイン性、情報整理・言語化、採用活動に寄与、優れた更新性の特長を持ちながらリーズナブルな価格の採用サイトパッケージです。社内にてディレクターはもちろん、コピーライター、エンジニア、WEBデザイナーが常駐している体制です。制作・品質・進行管理は社内で一元管理しながら、お客様のご要望にスムーズにお応えできます。

リクナビNEXT まいにちサーチオファー(ダイレクトリクルーティング)

リクナビNEXTまいにちさーちオファー

日本最大の会員データベースを持つ「リクナビNEXT」の登録ユーザーにアプローチができるスカウト型サービスです。事前にターゲットを設定するだけで、約半年間、最大5000通のスカウトDMを配信して、応募を獲得します。メールは自動配信されますので、スカウト配信業務に伴う採用担当者の工数を削減することもできます。

最後に

R4では昨今主要となっている5つの中途採用手法に対して、各商品・サービスをご用意しております。募集する職種の難易度、採用される人数、採用タイミングなどによって、どんな採用手法が適しているかは異なります。当社では、一人の営業担当がお客様のご要望を詳しくお伺いし、それぞれの採用課題に対して、適切な手法をワンストップでご提案させていただくことができます。採用に関して、少しでもお悩みの場合は、是非お気軽に当社までお問い合わせ下さい。

この記事を書いた人

渡邊 洋司 / 営業 / ウェブ解析士

企業様の採用活動をご支援させていただくにあたり、「同業×同職種」の採用ターゲットを狙うのではなく、どんな人材であれば「採用の可能性があるか」、「活躍可能性が高いか」をとことん考え抜き、採用ターゲットに即した最適なプランをご提案させていただきます。

そのために、「会社」「仕事」「待遇」「人・組織」の4つの観点から企業様の魅力を分析し、活躍可能性が高い採用ターゲットとのマッチングを実現させます。

お気軽にお問い合わせください。052-212-2007受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

無料相談会 実施中!お気軽にお問合せください

採用に関連する記事

採用・雇用データ
【25卒】早期化マーケットの中、今からやるべきこと【26卒】早期接点がポイント!学生の動き出しに合わせた活動準備New!!
カテゴリー
採用・雇用データ
採用ノウハウ
【企業様向け】インターンシップはいつが効果的?広報・実施期間について
カテゴリー
採用ノウハウ
採用事例
【1月最新版】採用コスト(単価)はどのくらい?採用活動企業のリアルな採用実績
カテゴリー
採用事例

オンラインセミナー予約受付中!

社員が活躍し、生産性の高い組織をつくれる科学とは?!~FFS理論 無料紹介セミナー~
カテゴリー
定着・育成・マネジメント
株式会社R4
採用に関する無料お試し相談会 実施中!
カテゴリー
セミナー