求人広告の代理店とは?メーカー(直販)との違いは?

求人広告の代理店とは?メーカー(直販)との違いは?

求人広告代理店とメーカー(直販)の特性、それぞれのメリット・デメリットの比較をしています。採用戦略において広告媒体の選択は重要であり、その選択肢として代理店とメーカーがあります。しかし、それぞれの特性を理解し、自社のニーズに合わせた選択を行うことが求められます。本記事を通じて、採用活動の最適なパートナー選びの参考にしていただければ幸いです。

求人広告代理店とは

求人広告代理店とメーカー(直販)の違いはいくつかあります。それぞれにどんな役割があるか解説します。
その違いは主に取り扱い媒体、得意な提案内容、そして料金に見られます。

求人広告代理店・メーカー(直販)の違い

求人広告の代理店とは

求人広告代理店は、メーカーに代わって求人広告メディアを取り扱い、販売を行う会社です。

企業のニーズに合わせて最適なメディアを選択し、広告の制作から掲載までを一括して行います。求人広告代理店は、採用活動を最適化するための戦略的な提案を行うこともあります。

求人広告のメーカー(直販)とは

求人広告のメーカー(直販)は、自社のプラットフォームまたはメディアを通じて直接広告を提供する会社を指します。自社の求人広告サービスに精通しており、その特性を最大限に活用した広告制作と掲載を行います。

有名なメーカーとして、株式会社リクルート、株式会社マイナビ、エン・ジャパン株式会社、パーソルキャリア株式会社などがあります。

▼▼▼リクルート求人広告 商品情報▼▼▼

求人広告代理店を利用するメリット・デメリット

求人広告代理店を利用する際のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

求人広告代理店を利用するメリット

複数メディアをまとめて契約できることで効率化

通常、企業が求人広告を展開する際には、各メディアごとに契約手続きを行う必要があり、時間と手間がかかります。しかし、求人広告代理店を利用すれば、一つの窓口で複数のメディアをまとめて契約することができます。

それにより、契約手続きの手間を大幅に削減することができ、時間とリソースを節約することができます。

求人広告の作成・掲載を代行してもらえる

求人広告の作成や媒体選定、掲載後の管理まで一貫して代行してもらえるため、採用活動や他の重要な業務に集中することができます。煩雑な広告制作や運用に時間を割く必要がなくなり、求人広告代理店の利用は時間と手間の節約にも繋がります。

求人広告の作成においては、専門のライターがあなたの要件やニーズに合わせた魅力的な原稿を作成してくれます。複数メディア取り扱っているからこそ、豊富な経験と知識を持ち、効果的なキャッチフレーズやアピールポイントを盛り込んだ文章を提案してくれます。適切な言葉選びや文章の工夫によって、求職者の興味を引きつけることができます。

また、求人広告の掲載も代行してもらえます。求人広告代理店は、広告掲載のノウハウやデータを持っており、どのメディアが最適かを的確に判断してくれます。専門知識に基づいた戦略的な広告プランニングによって、効果的な露出とターゲット層へのリーチを実現します。

メディアを活用した採用ノウハウがある

求人広告代理店は各種メディアの特性や読者層の傾向を把握しています。これにより、ターゲットとなる求職者層に適したメディアの選定やアプローチ方法を提案できます。

例えば、特定の業界や職種に特化したウェブサイトや専門誌、ソーシャルメディアなど、適切なメディアを活用することで、求人広告の露出範囲を最適化し、興味を持った応募者を引き寄せることができます。

また、求人広告代理店はデータや統計情報を活用して効果測定を行います。広告の掲載後に得られるデータを分析し、改善点や効果的な施策を見つけ出して、採用活動のサポートをしてくれます。

メーカー(直販)よりもコストを抑えれる可能性

基本的な掲載料はメーカーと変わらないですが、複数のメディアをまとめて契約することで一部の代理店ではボリュームディスカウントを受けることができる場合もあります。

また、複数のメディアを取り扱っている場合はそれぞれの価格を把握していますので、企業のニーズに対して費用対効果の高い提案を受けることができるでしょう。結果としてコスト削減につながる可能性があります。

求人広告代理店を利用するデメリット

代理店によって取り扱い商品が異なる

求人広告代理店は、多様なサービスを提供していますが、特定の業界や職種に特化した代理店も存在します。したがって、代理店によって取り扱う商品や得意とする分野が異なることがあります。

この点において、企業が求人広告代理店を選ぶ際には注意が必要です。企業の採用ニーズに合った代理店を選ばないと、求人広告の効果やリーチする応募者の質に影響を及ぼす可能性があります。企業の採用ニーズや戦略に合ったメディアが提供できる代理店を選ぶ必要があります。

代理店によって提案が異なる

求人広告代理店は、それぞれ独自の経験や専門知識を持っており、新卒採用、中途採用、アルバイト・パート採用などの領域に特化している場合や、エリアに特化している代理店もあります。そのため、代理店ごとの考え方や手法があるため提案内容が異なる場合があります。

代理店ごとに異なる提案があるため、適切な代理店を選ぶ際には比較検討が必要です。代理店の実績やクライアントの声、提案内容などを参考に、自社のニーズに最も合った代理店を選ぶことが重要です。

代理店によって対応スピードが異なる

代理店ごとに業務の負荷や体制、スタッフの状況などが異なるため、対応スピードにはばらつきが生じる場合があります。特に需要が高まる時期や複数のクライアントを抱える代理店では、迅速な対応が難しくなることがあります。

これは、求人広告の作成や掲載において時間が重要な要素となる場合に影響を及ぼすかもしれません。求人募集の緊急性やスケジュールに合わせたタイミングで広告を掲載したい場合、対応スピードの遅さは課題となる可能性があります。

企業が求人広告代理店を選ぶ際には、対応スピードに関する情報を収集し、代理店の適切な対応能力を確認することが重要です。過去の実績やクライアントの声、代理店とのコミュニケーションの円滑さなどを参考に、迅速かつ効率的に対応できる代理店を選ぶことが求められます。

メーカー(直販)を利用するメリット・デメリット

メーカー(直販)を利用するメリット

メーカーという安心感

求人広告のメーカーと直接契約を結ぶことにより、企業の信頼性や安定感が高まります。メーカーは自社の製品やサービスについて深い知識と経験を持っており、そのプロフェッショナリズムが信頼につながります。

また、メーカーは自社のブランドを守るために、サービスの品質を確保するための努力を怠らないことが一般的です。

自社メディアに詳しい

メーカー(直販)は自社のメディアについて詳細な知識を持っています。自社のサービスの特性を活かした掲載方法や機能の活用方法に詳しい可能性が高いです。

また、新商品・新機能のリリースやプロモーションなどの情報が求人広告代理店よりも早い段階で情報提供されることが期待できます。

メーカー(直販)を利用するデメリット

取り扱いメディアが自社サービスに限定される

メーカー(直販)のデメリットは、取り扱いメディアが自社のサービスに限定される点です。これは、広範なターゲットに対して広告を展開したい、または複数のメディアを活用した採用活動を行いたい企業にとっては制約となります。

また、サービスが限定されることで、自社のメディアを利用する限られた範囲や特定のユーザーにしかアプローチできない場合があります。これにより、求職者のターゲットを広げることや、幅広い人材層へのリーチを図ることが難しくなるかもしれません。

媒体ごとに担当者が変わる

大手メーカーはそれぞれの媒体ごとに担当者が異なる場合があります。担当者が変わることにより、コミュニケーションの調整や情報の共有が煩雑になる可能性があります。

それぞれの担当者が個別のノウハウを持っているため、求人原稿のコンセプトやメッセージの一貫性が損なわれることも考えられます。それにより、統一感のある訴求ができず、メディアごとに異なる情報や印象を受けてしまうかもしれません。

求人広告代理店とメーカー(直販)
どちらを利用するのがいいか?

求人広告代理店が向いている場合

多様なメディアを活用して広範な採用活動を行いたい企業にとって、求人広告代理店の利用が適しています。これは、求人広告代理店が多数のメディアと契約しており、企業のニーズに合わせて適切なメディアを提案できるためです。

また、求人広告の作成や掲載を代行してくれる点も、人材が限られている中小企業にとっては大きなメリットとなります。さらに、広告の効果測定や効率的な広告運用に関する専門的なノウハウを持っている場合が多く、企業の採用活動をサポートします。

直販(メーカー)が向いている場合

特定のメディアに特化した求人広告を出稿したい、またはそのメディアに深い理解を持つパートナーを求めている企業にとっては、直販(メーカー)の利用が適しています。メーカーは自社のサービスに精通しているため、そのメディアの特性を最大限に活かした求人広告作成が可能です。

また、メーカーのブランド力を信頼し、安心感を得たい企業にとっても、直販の利用は有益です。

求人広告代理店に発注する流れ

打ち合わせ・ヒアリング
依頼企業からの要望をヒアリングします。求人の詳細や採用条件、採用した人物像、予算などを明確に把握し、求人広告の目的やターゲットを理解します。
媒体や料金プランの提案
ヒアリングした内容をもとに、最適なプランを立案します。掲載媒体の選定やプロモーション方法、求人広告のメッセージの構成などを考え、効果的なプランを作成します。
取材・原稿作成
掲載することが決まったら申込みを行い、求人広告の制作を開始します。取材が行われ、企業の魅力を、デザイナーやコピーライターが求人広告を作成し、依頼企業に確認してもらいます。修正や微調整があれば行い完成させます。
掲載・効果測定
広告が完成したら、選定した媒体に広告を掲載します。掲載後は広告の効果をモニタリングし、応募数や反応率などのデータを収集します。これによって広告の効果を評価し、必要に応じて最適化を行います。
振り返り・改善提案
掲載期間が終了したら、成果の振り返りを行います。広告の成果や課題、改善点などを分析し、今後の戦略や改善案を提案します。

求人広告の代理店とは? まとめ

求人広告代理店とメーカー(直販)の役割や特性について説明しました。

最終的に、求人広告代理店とメーカー(直販)のどちらを利用するべきかは、企業の採用戦略やニーズによります。また、利用するサービスの詳細や料金、サポート内容などを十分に理解した上で契約を行うことが重要です。代理店とメーカーの間には明確な良し悪しはなく、どちらが適しているかは企業のニーズによるため、自社の状況と目的を明確にし、それに基づいて選択を行うことが求められます。

お気軽にお問い合わせください。052-212-2007受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

開催中セミナー

社員が活躍し、生産性の高い組織をつくれる科学とは?!~FFS理論 無料紹介セミナー~
理念経営協会窪田貞三氏無料オンラインセミナー(株式会社R4)
採用力・組織力を高めるために中小企業の経営者が取り組むべきことは?
ブランディングセミナー
【名古屋開催】ブランディングセミナー 基礎知識と実践で使える「型」を習得できる集中講座