無料で求人掲載する方法!メリット・デメリットも押さえて

昨今、企業が求人募集をする際の方法は多岐にわたっています。特に、低予算または無料で求人を掲載したい場合には、どのような手段が有効かを知ることが重要です。
この記事では無料で求人を掲載する方法とメリット・デメリットと、それを踏まえて効果を出すためのポイントをお伝えします。

無料で求人を掲載する方法とは?

無料で求人を掲載するにはどのような手段があるのでしょうか。ここでは4つの方法をご紹介します。

転職サイトの無料掲載プランで掲載する

転職サイトの中には無料掲載プランを設けているものがあり、それを活用する方法です。
多くの転職サイトは、企業と求職者のマッチングを目的として設計されており、コミュニケーションを促進する機能が取り入れられているので、予算をかけずに多くの求職者にアプローチすることができます。
一方で、無料であることから掲載企業が多くなる≒求職者にとっては情報量が多くなって埋もれてしまったり、案件を上位表示させるといったような効果的な機能が制限されていることで、目立つ求人広告を作成するのが難しいこともあります。

★無料掲載プランがある転職サイト例(indeed)

ハローワークを活用する

ハローワークは、日本全国に広がる公的な職業安定所です。
国が運営するこのサービスは、企業と求職者を結びつけるための橋渡しをしています。求人情報を無料で掲載することができるのはもちろん、専門のスタッフが採用活動のアドバイスやサポートを行ってくれるため、特に中小企業や初めての採用を行う企業には有益なサービスと言えるでしょう。

企業の採用ページで募集を公開する

企業の公式ウェブサイトに採用ページを設け、直接求人情報を公開する方法もあります。
これにより、企業のブランドや文化、ビジョンを直接伝えることができます。また、求職者が企業の公式サイトを訪れるということは、既にその企業に興味を持っている可能性が高いため、マッチングの確率が上がります。
ただし、この方法のデメリットとして、求職者が企業のウェブサイトを訪れるきっかけを作る必要がある点が挙げられます。それには、SEO対策や広告活動などの追加の取り組みが必要となります。

★無料で企業の採用ページを作成できる例(AirWORK)

ソーシャルメディアを活用する

ソーシャルメディアは、近年の求人募集の現場での利用が増えてきました。
X(旧Twitter)、Facebook、Instagramなどのプラットフォームを利用して求人情報を直接シェアすることで、フォロワーやその拡散力を活用して多くの求職者に情報を届けることができます。また、ソーシャルメディアを利用することで、企業の日常や社風をリアルタイムで伝えることも可能となり、求職者とのコミュニケーションを深化させることができます。

無料求人掲載のメリット・デメリット

無料求人掲載のメリット

広告費が抑えられ、経済的

求人を出稿する際のコストを削減することは、特に中小企業やスタートアップにとって大きなメリットとなります。
転職サイトの有料掲載プランや紙媒体では、出稿料金が数万から数十万円となることも珍しくありませんので、そのコストを抑えて他の採用活動や社内の福利厚生の向上、新しいプロジェクトの資金などに投じることが可能となります。

ブランディング効果が期待できる

無料での求人募集でも、会社の名前や文化、ビジョンを多くの人々に伝える良い機会となります。
企業の知名度やブランド力の向上を図ることができるので、会社に共感する人材が応募する可能性が高まるといえるでしょう。長期的には、企業のブランドイメージの向上や、より良い人材の確保に寄与することにも繋がります。

多くの人にアクセスされやすい

転職サイトやSNSは一般的に利用者が多いため、掲載した情報が多くの目に触れるチャンスが高まります。
これにより、多様なバックグラウンドを持つ求職者からの応募が期待できるので、予想外の優秀な人材を発見するチャンスも増えます。
とりわけ転職サイトは、多くの人々が自分のキャリアを考える際に利用しているため、新しい才能や未知の人材と出会う機会も増えるでしょう。
特定の業種や職種で人材を急募している場合に特に有効です。

サイトの機能や効果をまずは無料で試すことができる

求人募集をする際転職サイトに掲載することが一般的ですが、多くの場合掲載料がかかります。
その中には無料の掲載プランが設けられているサイトもあり、サイトの機能や応募者の反応を確かめた後に有料プランに移行することで、より効果的に転職サイトを活用して採用活動をすることができるでしょう。

無料求人掲載のデメリット

要件や期待に合わない応募が増える可能性がある

転職サイトの無料掲載プランやソーシャルメディアを利用している人が多いため、一見、多くの応募が期待できるかのように思えます。
しかし応募が増える分、実際には企業の要件や期待に合わない応募が増加するリスクが高まります。
結果として選考作業の労力や時間が増え、採用活動のおける業務負担が増大する可能性があります。

情報が埋もれてしまいやすい

転職サイトの無料掲載プランやソーシャルメディアでは多くの情報の中で埋もれてしまうリスクが高まります。
また、更新頻度が低い場合や情報の鮮度が落ちると、さらに注目を集めるのが難しくなります。
これにより、希望する求職者に正確かつ迅速に情報を伝えることが難しくなることが予想されます。

競合他社との差別化が難しい

転職サイトの無料掲載プランは多くの場合、基本的な機能しか提供されていないことが多いです。
これにより、オリジナルのデザインやコンテンツ、強調表示など、自社を際立たせるための工夫が難しくなります。
特に、同業他社も無料のプラットフォームを使用している場合、求職者の目から見て自社の魅力を強調することが一層困難になるでしょう。

採用までの時間がかかることも

上記のデメリットが組み合わさることで、最終的には採用までのプロセスが長期化する恐れがあります。
質の低い応募が増加したり、求人情報が埋もれてしまったり、競合との差別化の困難だったりといったことが原因で、理想の人材を見つけ、採用するまでの期間が長引く可能性が高まります。
これにより、採用活動の効率が低下し、企業全体の業績にも悪影響を及ぼすことが考えられます。


有料求人掲載との比較

無料で求人掲載をする際のメリット・デメリットを見てきましたが、有料で求人掲載する場合と比較するとどのような違いがあるでしょうか。それぞれの利点を押さえていきます。

費用対効果の違い

無料と有料の求人掲載では、明らかに初期投資の差があります。
無料の転職サイトは、特に初めての採用や予算が限られている企業にとって、手軽に求人活動を開始できるメリットがあります。
一方、有料の転職サイトは初期費用がかかるものの、多くの場合、より高品質なサービスや機能が提供されます。
例えば、応募者の絞り込み機能や広告の最適化サポートなどがあり、これによってより質の高い応募者が集まる可能性が高まります。
結果として、コストパフォーマンスを最適化するための戦略が異なる点に注意が必要です。

ターゲット層の違い

無料の求人掲載は、多くの場合幅広い層の求職者にアプローチすることが可能です。新卒者から中高年、異業種から転職希望者まで様々な層が閲覧するでしょう。
有料の転職サイトは、特定の業界や専門職をターゲットとして定めることができるため、特定のニーズやスキルを持つ応募者を狙い撃ちできるというメリットがあります。
例えば、IT業界のハイクラスな人材を求める場合や、特定の資格を持つプロフェッショナルを対象とする際には、有料サイトが有効となる可能性が高いです。

労力の違い

無料の求人掲載は、コストをかけずに多くの応募者に接触することができる反面、応募者の質がまちまちであるため、選考の手間が増えることが予想されます。
一方、有料の転職サイトではより絞り込んだターゲットに向けての掲載が可能であり、また多くのサイトが選考のサポート機能を提供しているため、
採用までのプロセスがスムーズに進むことが多いです。

ブランディング効果の違い

無料の転職サイトでは、企業の求人情報が多数の企業と同列に表示されるため、目立たせるのが難しくなることがあります。
一方、有料の転職サイトでは、プレミアム掲載やトップページ掲載など、目立つ位置に広告を配置するオプションが提供されることも多く、これにより企業のブランドや魅力を強調することが可能となり、ブランディング効果が期待できます。
さらに、専用のコンサルタントがアドバイスを提供してくれるサービスもあるため、効果的な採用ブランディングのサポートを受けられる点も大きなメリットと言えるでしょう。

無料求人掲載での効果の出し方

無料の求人掲載は有料の求人掲載と比べると不利なようにも見えますが、戦略的に取り組めば十分な効果を期待することができます。
ここでは、無料の求人掲載で効果を最大化するための方法をご紹介します。

  1. クリアな募集内容の提示

掲載する求人情報は、具体的かつ詳細に記述することが重要です。
職種、仕事内容、必要な経験や資格、給与、勤務時間や場所、福利厚生などを明確にしましょう。
応募者が興味を持ちやすい情報を前面に出すことで、応募が集まりやすくなります。

  1. 魅力的な企業文化のアピール

無料の転職サイトでも、企業の魅力や独自の文化をしっかりとアピールすることは非常に有効です。
特に新しい技術や独自の働き方、社員の声などを取り入れることで、他社との差別化を図りましょう。

  • 定期的な情報更新

求人情報は定期的に更新することで、新鮮さを保つことができます。
また、更新することで掲載順位が上がることもあるため、頻繁な更新は求人の露出度を高める効果も期待できます。

  • 求人のタイトルに工夫を

タイトルは応募者が最初に目にする部分です。
そのため、印象的で魅力的なタイトルを考えることで、他の求人と差別化することができます。

  • 応募者への迅速な対応

無料の転職サイトを利用すると多くの求職者に接触できる反面応募の質がまちまちになりますが、その中で質の高い応募者を見逃さないためには、迅速な対応が必要です。
面接日の設定や返信を速やかに行い、良い人材を逃がさないよう努力しましょう。

  • 利用するプラットフォームの選定

すべての無料転職サイトが自社に合っているわけではありません。
ターゲットとなる求職者層に合わせて、最も効果的なプラットフォームを選択することが大切です。

最後に

いかがでしたでしょうか。無料で求人募集をする際には、そのメリット・デメリットを踏まえた上で効果を最大限にまで引き出す工夫が重要です。
弊社R4はリクルート、indeedの代理店として、無料の転職サイトや採用ホームページを使った採用活動のノウハウを蓄積しております。ぜひご参考ください。

  • 無料で求人掲載ができるサービス「indeed」の効果だしをするポイント
  • 無料で求人掲載ができるサービス「indeed」と「AirWORK」の違い
  • 「AirWORK」で無料掲載と有料掲載を使い分けて採用成功した事例

お気軽にお問い合わせください。052-212-2007受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

無料相談会 実施中!お気軽にお問合せください

採用に関連する記事

採用・雇用データ
25卒を今から追加採用する際の打ち手とは?/26卒インターンシップおすすめ開催時期New!!
カテゴリー
採用・雇用データ
採用事例
【4月最新版】採用コスト(単価)はどのくらい?採用活動企業のリアルな採用実績
カテゴリー
採用事例
採用ノウハウ
ATSとは?採用業務の効率化には必須!ATSツール導入のメリットを解説
ATSとは?採用業務の効率化には必須!ATSツール導入のメリットを解説
カテゴリー
採用ノウハウ

オンラインセミナー予約受付中!

株式会社R4
採用に関する無料お試し相談会 実施中!
カテゴリー
セミナー