Indeed(インディード)は料金なしで求人を掲載できるって本当?無料掲載・有料掲載って何?

Indeed(インディード)は料金なしで求人を掲載できるって本当?無料掲載・有料掲載って何?

初期費用・期間掲載費・採用成功費 0円(※2022年2月現在)で求人情報を掲載できる、求人検索エンジン・Indeed。TVCMやweb広告をご覧になって「無料なら試してみたい」とお考えの、企業の採用担当者様・人事担当者様も多いのではないでしょうか。

一方で、「本当に無料で掲載できるの?」「実は後から料金の請求が来るんじゃないの?」と、不安に思われた方も少なくないはず。今回はそんな、Indeedの利用料金について解説します。

Indeed(インディード)料金は、
無料と有料のプランがある

結論からお伝えしますと、確かにIndeedでは、求人情報を無料で掲載できます。Indeedの掲載プランには、利用料金が一切掛からない『無料掲載』と、広告費用を設定することで自社の求人情報をより目立たせられる『有料掲載』があります。この2つの掲載プランのうち無料掲載だけを利用すれば、料金はゼロになるという仕組みです。

無料掲載を利用するためには、Indeedアカウントの開設と、『直接投稿ツール』を使った求人情報の登録が必要となります。『直接投稿ツール』は、Indeedが提示するフォームに、求人の詳細(募集職種や雇用形態・勤務地・仕事内容など)および、企業名・採用担当者のメールアドレスなどをテキストで入力していくと、その内容を反映した求人情報ページをIndeed内に開設できるシステム。登録された求人情報は初回掲載の場合、72時間程度でIndeed内での掲載が開始されます。

尚、Indeedに求人情報を掲載する方法には、この『直接投稿ツール』の使用のほか、「クローリング」というものもあります。これは、自社サイト等で既に公開している求人情報をIndeedに読み込ませることで掲載する方法ですが、原則として後述する有料掲載の利用者を対象としていますので、本記事では詳細を割愛させて頂きます。

料金ゼロで掲載!
Indeed(インディード)無料掲載の仕組みと注意点

Indeed内に自社の求人情報を料金ゼロで掲載できる無料掲載は、人材確保にお悩みの採用担当者様・人事担当者様にとって、心強い広告手段です。しかし、掲載料金が掛からない代わりに、実はいくつかの機能制限も設定されています。その機能制限について、代表的なものを3点ご説明します。

(A)掲載開始から一定期間を過ぎると『検索結果一覧画面』に表示されにくくなる

『直接投稿ツール』を使用してIndeedに掲載した求人情報には、掲載期間の設定がありません。自社のアカウントから公開終了処理をしない限りは、理論上、Indeed内に掲載され続ける…ということになっています。

しかし実態としては、無料掲載の場合、掲載開始から一定期間が過ぎると、求職者(仕事を探しているIndeedユーザー)が求人検索をおこなった際に表示される『検索結果一覧画面』に露出しにくくなる…という現象も起きています。Indeedは今や、1秒あたり約10件の求人情報が新たに登録されるほど、大規模な求人検索プラットフォームとなりました。そのため広告費を掛けておらず、かつ、登録日が一定以上古い求人情報については、Indeed側が「求職者に利しない」と判断し、『検索結果一覧画面』での表示優先度を下げている可能性があります。

(B)『職種名』で使える言葉が限定される

ここで言う『職種名』とは、求人情報のタイトルに当たるもの。例えば「土日のみの勤務も可能なカフェスタッフ」「毎年昇給する施工管理スタッフ」などで、Indeedの『求人検索結果一覧画面』では太字で表示されている一文です。

求職者にとってIndeedは、キーワードを元に求人情報を探せる検索エンジンです。自身が「これだけは外せない!」と考えている要素を入力し検索すると、『検索結果一覧画面』に表示される求人情報は、その「外せない」要素を満たした案件ばかりになるはずです。そして、求人情報を掲載する企業側にとって、『検索結果一覧画面』で自社の求人情報と肩を並べる求人は、共通項を持つ競合案件に当たりますので、この並びの中でより目立つために『職種名』の工夫が必要になってくるのです。

ところが無料掲載では、この『職種名』に一部の単語が使えないようになっています。一例を挙げますと、「募集」「OK」「残業」などなど…。つまり、これらを含む「経験者募集」「高校生OK」「残業なし」といったフレーズは、無料掲載では職種名に入れることができません。そのため、無料掲載の状態で『検索結果一覧画面』で目立つためには、こういった語を含まない形で、魅力的な『職種名』を考える必要が出てくるのです。

(C)検索結果一覧画面で上位表示されにくい

『検索結果一覧画面』で、1ページ目・2ページ目といった上位に表示される求人情報は、その多くが有料掲載されているものです。見分け方は、検索結果一覧画面の各求人情報に『スポンサー』と表示されているかどうか。『スポンサー』と表示されていれば有料掲載による露出で、『スポンサー』の代わりに『○日前』『○時間前』などと表示されていれば、それは無料掲載による露出です。競合案件が多ければ多いほど、上位表示を勝ち取ることは難しくなり、無料掲載であればその難易度はさらに上がることになります。

以上3点が、無料掲載ではできないことです。一言でまとめるならば、無料掲載は有料掲載に比べて、「検索結果一覧画面で目立てない」と言えるでしょう。しかし逆に言えば、こうした問題は有料掲載に切り替えさえすれば解消できるのです。

Indeed(インディード)有料掲載、
“スポンサー求人広告”の仕組みと料金

Indeedの料金、クリック課金について

Indeedの有料掲載、すなわち“スポンサー求人広告”はどのような料金体系なのかを見ていきましょう。
料金プランは、『クリック課金型』の仕組みとなっています。Indeedでスポンサー広告として掲載したい原稿を指示しておき、その自社求人がクリックされる(閲覧される)度に費用が発生します。そのため、原稿が閲覧されない(クリックされない)と、費用が発生することはありません。

Indeed(インディード)有料掲載、料金はどのくらい?実際の広告費例

無料掲載に比べると、検索結果一覧画面で求人情報を目立たせやすく、上位表示もしやすくなる有料掲載ですが、では、実際にはどのくらいの料金(広告費)が掛かるのでしょうか?

以下では弊社・R4でIndeedの有料掲載をお手伝いさせて頂いた募集案件において、採用目標の達成までに掛かった広告費の実例をご紹介します。

(A)瀬戸市勤務。製造業事務/パート(フルタイム)
 採用目標2名。達成までに掛かった広告費:約8万4,000円

(B)名古屋市勤務。労務スタッフ/契約社員(週3日・経験者採用)
 採用目標1名。達成までに掛かった広告費:約4万3,000円

(C)扶桑町勤務。クリニック医療事務員/正社員
 採用目標1名。達成までに掛かった広告費:約1万1,000円

(D)名古屋市勤務。看護助手(病院内での介護・経験者募集)/正社員
 採用目標1名。達成までに掛かった広告費:約30万円

(E)高浜市勤務。大型ドライバー/正社員
 採用目標1名。達成までに掛かった広告費:約25万円

(F)大垣市勤務。中型ドライバー/正社員
 採用目標1名。達成までに掛かった広告費:約3万8,000円

※データは過去の例であり、弊社の運用代行において同等の費用対効果を保証するものではございません。

Indeed(インディード)の料金(広告費)、幅があるのはなぜ?

ご覧の通り、採用目標の達成までに掛かる料金(広告費)には大きな幅があります。これはIndeedの有料掲載を活用した採用活動の場合、採用目標の達成までに掛かる広告費が、募集案件の採用難易度に比例しやすいためです。

例えば、(D)の看護助手さんの募集は、応募に際して介護職の実務経験を必須とする案件でした。そのため採用活動においては、超・採用難である介護業界と勝負する必要があり、加えて、競合案件の多い名古屋市内での勤務でしたので、求人原稿内での魅力出しや課金ペースの調整をしながらの長期戦となり、結果として広告費が前述の金額に至りました。

一方で、同じ医療業界である(C)の医療事務員さんの募集は、無資格・未経験者も採用対象としていた案件で、更に職員向けの特典として、系列施設でのエステ施術が大幅に割引されるという福利厚生がありました。こういった特徴もあって、有料掲載開始直後から応募が立て続けに入り、結果として掲載期間が短く済んだこともあって、広告費を抑えることができました。

この(C)の求人のように、明確な特長を持つ求人は、広告費が比較的安く済む傾向にあります。魅力的な福利厚生が用意されていたり、雇用元企業が有名であったり、残業がない・休日が多い・相場に比べて給与が高いなど、誰が見ても明らかに魅力的な仕事であれば、ひょっとしたら無料掲載だけでも採用できてしまうかもしれません。

ですが、そうではない仕事で採用目標を達成するためには、何らかの “工夫” が必要となります。そして、検索結果一覧での魅力だしや上位表示がしやすくなる有料掲載は、その “工夫” の一つとして使える手段なのです。

Indeed(インディード)の運用を
求人広告代理店に頼むと料金はいくらかかる?

有料掲載は、Indeedでの採用をサポートする求人広告代理店を通さなくても、採用をおこなう企業様独自で始められます。

Indeedはクリック課金型システムのため、料金(広告費)は1クリック毎に発生しますが、1日あたり・1ヶ月あたりの上限額を設定すれば、それ以上に費用が生じることはありません。請求は月単位で、掛かった広告費だけの支払いとなりますので、「まずはどんなものか試してみたい」という企業様であれば、自社でのIndeed有料掲載を検討してもよいでしょう。

ですが、自社での有料掲載で思うような反響が得られない場合や、求人広告原稿の書き方に自信がない場合、人事担当者が多忙でマンパワーを割けない場合などは、求人広告代理店に依頼するのも一つの方法です。多くの求人広告代理店には、求人広告原稿の制作・課金ペースの設定・募集案件の採用難易度の推定など、採用目標の達成に必要な業務のプロが揃っており、有料掲載に関わる全ての作業にもワンストップで対応できます。

求人広告代理店にIndeed有料掲載を依頼する際の初期費用は、募集案件数にもよりますが、8万~20万円程度が相場と言われています。割高に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この金額には多くの場合、1クリック毎に引き落とされる広告費のほか、掲載開始手続きの代行に伴う手数料や求人広告原稿の制作料、そして、掲載期間中のシステムトラブルのモニタリング等もカバーしてくれる「運用手数料」などが含まれています。そう考えると、Indeedを使った採用活動に不慣れな企業様にとって、求人広告代理店は心強い存在となるのではないでしょうか。

もちろん弊社・R4でも、Indeed有料掲載の代行を承っております。R4の強みや料金プランの詳細等は、以下ページよりご覧ください。

Indeed(インディード):社員・パートアルバイト採用 | サービス紹介

Indeed有料掲載やスマートフォンからの閲覧にも対応した、採用サイト・コーポレートサイト(企業HP)制作のご相談も承っております。比較的安価にご提供できるオリジナルのパッケージサイトもご用意しておりますので、こちらも併せてご検討ください。

求人検索エンジン対応サイト『集-shu-』 | サービス紹介

求人募集についての無料相談はこちらから

求人募集・採用ノウハウに関連する記事

採用ノウハウ
応募者が集まる求人票作成|採用成功のたった2つのポイント
応募者が集まる求人票作成|採用成功のたった2つのポイント
カテゴリー
採用ノウハウ
採用ノウハウ
採用ブランディング事例紹介|採用数倍増!採用コスト半減!効果バツグンの採用ブランディング
採用ブランディング事例紹介|採用数倍増!採用コスト半減!効果バツグンの採用ブランディング
カテゴリー
採用ノウハウ採用事例採用ブランディング
採用ノウハウ
【新卒採用情報】まだ間に合う!WEB玄人!?学生の選社ポイント対策と24卒学生の生態
カテゴリー
採用ノウハウ採用・雇用データ

オンラインセミナー予約受付中!

人事担当・経営者向け|社員が活躍する、生産性の高い組織をつくる!~FFS理論 無料紹介セミナー~New!!
カテゴリー
定着・育成・マネジメント
勝負は冒頭5分間!!自社理解度が格段に上がる「自社プレゼントーク」研修
2024年新卒採用│勝負は冒頭5分間!!自社理解度が格段に上がる「自社プレゼントーク」研修
カテゴリー
新卒採用
【R4×人材研究所】変わる新卒採用 24卒・Z世代対応準備セミナー/特別講師:曽和利光氏
カテゴリー
新卒採用