採用における広告の選び方とは?

採用活動するにあたり求人広告を打ち出すことは重要かつ効果的と言えます。とはいえ、数多ある採用に関する媒体・採用手法の中からどのように自社にあった方法を選べばよいでしょうか?ここでは採用における広告の種類を整理し、その選び方をお伝えします。

採用における広告とは

採用活動において広告を掲出することは、企業が求める人材との出会いを創出する重要な手段です。自社のブランドや募集内容を広範に伝えることで、より多くの求職者の目に留まり関心を持ってもらうことができ、適切な候補者を引き寄せることが可能となります。
また広告を通じて、自社の理念や文化、働き方も効果的に訴求することができれば、長期的な組織の成長に貢献する人材を採用する機会を広げることができます。

採用にあたり広告を出すメリット・デメリット

採用にあたり広告を出すことには、メリットとデメリットがあります。広告を出すことは企業の求人情報を多くの人に伝える手段の一つですが、最終的には自社のニーズと求職者のニーズがマッチした上で、有効な採用がなされることが望ましいと言えるでしょう。自社の採用戦略やリソースに合わせて、広告の活用方法を選ぶことが重要です。

採用活動で広告を出すメリット

まず、メリットから見ていきましょう。最も大きなメリットは、多くの求職者に自社の求人情報を届けることができる点です。広告を出すことで企業の採用情報は広範囲に及び、多様な背景を持つ候補者に接触できます。
また、自社のブランドや価値を効果的にアピールする機会でもあります。広告を通じて企業の文化や働き方、ビジョンなどを伝えることで、志向性がマッチする求職者を引き寄せることが可能です。

採用活動で広告を出すデメリット

一方、デメリットとしては、広告掲出には一定のコストがかかることが挙げられます。特に広範囲にわたる広告キャンペーンは、それなりの広告費用が必要となります。また、広告を出しても必ずしも応募があるとは限らず、投資対効果が見込めない場合もあります。
さらに、広告を出すことで応募者が増えるとそれに伴う選考業務の負荷も増えるため、既存社員の業務を圧迫する可能性も考慮しておく必要があるでしょう。


採用広告の種類

採用広告の種類は様々ですが、ターゲットとする人材、予算、ブランド戦略など、企業の具体的なニーズに応じて最適な求人広告を選ぶことで、求める人材を効率よく集めることが可能となります。そのため、企業は自社の求人に最も適した採用広告の種類を選択し、効果的な採用活動を行うことが重要です。ここでは新聞や雑誌などに掲載するオフライン広告、インターネット上の求人サイトやSNS等、デジタルメディアを用いたオンライン広告と大きく2つに分けて説明していきます。


オフライン広告

オフラインの広告は新聞の求人欄、雑誌、看板、ビラ、テレビやラジオなど、具体的なメディアは多岐に渡ります。ネット媒体の台頭により紙媒体の購読者数は年々減少傾向にあったりテレビ離れが話題になってはいますが、依然として一定広く求人を周知することができたり、また逆にその媒体の特徴を活かしてターゲットを絞り込んだりすることができます。


1.新聞求人広告
大手新聞社の求人欄や地元新聞等に掲載する手法です。広告主の企業イメージや求める人材像に合わせて、文章やレイアウトを工夫したり、カラーやモノクロを選択したりすることが可能です。年々購読者数は減少しているものの、世論的に新聞の情報に対する信頼度も高いため、掲出することで企業のイメージアップに繋げることもできます。

2.就職情報誌
転職やアルバイト探しに特化した情報誌です。就職意志が強い求職者が読者であるため、効果的な手法といえるでしょう。企業情報や採用要件等を詳細に伝えることも可能です。駅やコンビニといった場所に無料に設置されているものもあり、求職者が手に取りやすいのも魅力の一つです。

★知名度No1の就職情報誌 TOWNWORK(タウンワーク)の情報はこちら

3.フリーペーパー(地域紙・業界紙等)
特定の地域や業界に特化したフリーペーパーも求人広告によく使われます。地元の求職者や特定の業界に興味がある読者の目に留まることとなるので、自社のニーズに合う求職者にダイレクトに訴求することができます。

4.展示会・セミナー
企業が自社の魅力を直接伝えることができる場として、ジョブフェアやキャリアセミナーがあります。企業のブースを設け、パンフレットやチラシを配布することで、求職者に深く印象付けることが可能です。また参加者の就職意志も高いことも利点の一つです。

5.電車・バス広告
電車・バスの車両内や駅構内に掲示する広告も一般的な手法です。大量の通勤者や通学者に対して広範囲にアピールすることが可能で、視覚的なインパクトを狙うことができます。


オンライン広告

一方、オンラインの広告はインターネットを利用したもので、求人サイト、企業のウェブサイト、SNS、メールマーケティングなどがあります。特に近年は、X(Twitter)やFacebook、InstagramなどのSNSを用いた採用が増えています。これらのメディアは大量の情報を広範囲に配信することができ、またターゲットの絞り込みが容易であるため効率的な広告が可能です。しかし情報が溢れているため、他の広告と差別化する必要があります。

1.求人情報サイト
インターネット上の求人情報サイトは、採用求人広告を出す最も一般的な方法の一つです。Indeedやリクナビなどの大手サイトや、特定の業界や職種に特化した求人サイトなど、求職者のニーズに合わせて様々なサイトが存在します。

★Indeedやリクルート社の求人情報サイトの情報はこちら

2.企業公式ウェブサイト
企業のホームページに採用情報を掲載することも一般的です。具体的な職種や募集要項だけでなく、企業の文化やビジョン、働き方などを詳細に説明し、求職者に対して深い理解を促すことができます。

★会社ホームページや採用サイトの制作についてはこちら

3.SNS広告
X(Twitter)、Facebook、Instagramなどのソーシャルネットワーキングサービスを利用した広告も有効です。特定の属性を持つユーザーをターゲットに設定し、直接求人情報を届けることが可能です。

4.メールマーケティング
既に求人情報サイトに登録している求職者や、自社のメールマガジンを購読しているカスタマーに対して、定期的に採用情報をメールで送ることもあります。特に自社のカスタマーであれば自社製品をある程度理解した上での応募となるため、業務の習得にも生かすことができるでしょう。

5.オンライン採用イベント
ウェビナーやオンラインのジョブフェアなど、オンラインで開催される採用イベントも増えています。これにより、地理的な制約を超えて多くの求職者と接触することができます。


採用するための求人広告媒体の選び方

上記のように採用に関する求人広告が様々ある中から、どのように媒体を選定していけばよいのでしょうか。
ジョブズリサーチセンターの調査によると、求職者が仕事探しに利用した求人情報源は「求人情報サイト(携帯・スマホ)」「求人情報サイト(パソコン)」で全体の76.7%を占めており、オンライン広告が圧倒的であるといえます。

その一方でもう少し詳細に見ていくと、「無料の求人情報誌(フリーペーパー)」や「新聞の折り込みチラシ」は専業主婦/主夫層によく見られていたり(図①)、「求人企業のホームページ」は~20代の男性によくみられていたり(図②)等、求人広告媒体ごとに特徴があることもわかります。

こうした特徴を生かしながら、自社で採用したいターゲットがよく見ていそうな広告は何かを検討していけるとよいでしょう。

採用活動で広告をより効果的に利用するコツ

採用活動において広告をより効果的に打ち出すには、まず、どのような求職者をターゲットにしているのかを明確にしましょう。理想的な人材の属性や能力、経験を詳細に定義することで、適切な広告媒体を選ぶこともできます。

次に広告のメッセージは分かりやすく、企業の魅力や求める人材像を簡潔に伝える内容が効果的です。現在の社員の声や体験談を取り入れることで、広告に誠実さやリアリティを持たせるとよいでしょう。さらには広告掲載後も効果を定期的に測定し、必要に応じて戦略を調整することが重要です。

採用広告は、単に求人情報を伝えるだけでなく、企業のブランドや価値を伝える大切なツールです。上記のコツを活かし、求職者にとって魅力的な広告を制作することで、より質の高い採用が期待できます。

★採用広告を効果的に打ち出した事例のご紹介


いかがでしたでしょうか。自社が求める人物像を見据え、そのターゲットに効果的にアプローチできる広告を掲出することで、採用活用を円滑に進めていきましょう。


採用に関連する記事

採用事例
Airワーク 採用管理(バージョン2.0)初速効果│三河地方・尾張地方(知多)New!!
カテゴリー
採用事例
採用・雇用データ
【25卒】早期化マーケットの中、今からやるべきこと【26卒】早期接点がポイント!学生の動き出しに合わせた活動準備New!!
カテゴリー
採用・雇用データ
採用ノウハウ
【企業様向け】インターンシップはいつが効果的?広報・実施期間について
カテゴリー
採用ノウハウ

お気軽にお問い合わせください。052-212-2007受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

オンラインセミナー予約受付中!

社員が活躍し、生産性の高い組織をつくれる科学とは?!~FFS理論 無料紹介セミナー~
カテゴリー
定着・育成・マネジメント
株式会社R4
採用に関する無料お試し相談会 実施中!
カテゴリー
セミナー