今後の内定辞退予想と対策【新卒採用情報】

なかなかエントリーが集まらないと苦戦されていた企業様も多い24新卒採用ですが、「夏・秋冬採用の実施の検討」「内定未承諾者との決着」内定者フォローの内容検討」など、人事の皆様がやるべきことも変化していく時期になりました。
今月は、24新卒採用の今後の戦略を考えるためのマーケット状況と、とうとう始まった25新卒採用において、抑えていただきたいポイントについてお伝えしていきます。

詳細はYouTube「R4新卒情報番組MTV」でも解説しておりますので、お手すきの際に合わせてご視聴いただければと思います。

6月1日最新データ!2024年新卒採用
内定率と就職活動実施率・進路確定率

【全体】    内定率…79.6%(昨対+6.5pt)         就活実施率…45.6%(-1.5pt)
【理系】    内定率…82.6%(昨対+0.1pt)         就活実施率…37.5%(+1.1pt)
【中部圏】 内定率…82.3%(昨対+7.6pt)         就活実施率…40.3%(-10.1pt)

「全体」の実施率は、23卒時とほぼ同様の動きを続けていますが、「中部圏」の実施率は、昨年よりも10pt以上下回ってしまっている状況のため、「中部圏」では今後、夏・秋冬採用実施の際に、「母集団形成で苦戦」することが予想されます。

一方で、先日弊社にて開催しましたセミナーで、ご登壇いただいた現役キャリアセンター長のお話によると、上記のような、アンケート調査に応えてくれる学生と、実際の大多数の学生には乖離もあるようです。こちらのセミナーについては、アーカイブ動画もございますので、ご視聴希望の方は、営業担当までお問合せください。

また、進路確定率については、昨年と+3.5ptとしか変わらない「58.6%」。選考が早まっても、最終結論まで至っていない学生もまだまだ多い状態です。

次のデータでは、承諾率UPに向けた打ち手など、「進路確定」しきれていない学生の決断を後押しする打ち手などをお伝えしていきます。

 24卒|今後の内定辞退予測と、承諾率UPに向けた打ち手

早めに内定も出したが、結局承諾結論がもらえず、「今はただ学生の決断待っている状態」。
「オワハラ」と言われずに、納得して内定承諾をしていただくために、実施していただきたいことは、人事担当者と学生が、可能な限り、マンツーマンで、学生の「選社軸」や「価値観」を踏まえた競合と自社の分析・整理を、一緒に行うということです。

就職みらい研究所の調査をもとに計算すると、内々定を持つ学生が100人とした場合、既に倍以上の「229.1件」の内々定が出されているため、全員が手元の内々定の中で進路確定をしても、「129.1社(下図①)」は内定辞退されてしまいます。
その中でも既に「101.9社」は辞退済みのため、未辞退は「27.2社(下図➁)」。

意外かもしれませんが、辞退されるであろう件数の内、約9割は既に辞退されている状況です。残念ながら今後、自社の内定”未”承諾者の内、1~2割は辞退する、と見立てられます。

一方で、2社以上の内定を持っている学生が「61.1%」もいるにも関わらず、未だに、「辞退企業数が0社」という学生は「46.8%」もいらっしゃいます。

これらから学生の状態を推察するに、2社~3社までは絞り込んだものの、最後の段階で決めあぐねている、と考えられます。 競合と自社の「整理」と言っても、難しい形式である必要はありません。
下図のような簡単な整理で構いませんので、学生が何で迷っているのか、迷う要素の中で、情報提供が足りていないことはないか、などの「見える化」を実施ください。


 25卒|今年も企業は前のめり状態!急ぐよりも「まずやるべきこと」とは?

25卒は「三省合意」によるインターンシップのルール変更や、各ナビサイトの仕組みの変化など、またしても、「前年が参考にならない」年となっています。
そんな中、いずれのサイトも、「掲載社数」や「インターンシップコース数」など、企業側の受け皿は拡大状態です。

一方、学生はというと、合同イベント参加はしても、その場では参加インターンシップを決めず、とりあえず説明を聞いたり、資料を持ち帰ったり等、情報を仕入れ、後日検討、というような、「まずはじっくり選びたい」のフェーズのようです。

数多ある企業・インターンシップから学生に選ばれ、最終的には内定承諾をしてもらうには、自社の採用ターゲットにとって、どんな情報・体験が有効なのかを見極めなければなりません。

所謂、「求める人物像の明確化」「ターゲットのペルソナ化」がより重要性を増す年となりそうです。
こちらは、ワークショップなどでのご支援も可能となっておりますので、お気軽に、弊社営業担当まで、お問合せください。

【新卒採用情報】過去のメルマガを見る

メルマガ申込フォーム
メルマガを受信されていない方で、受信希望の方は 【こちらのフォーム】 より無料でお申込いただけます。

【25卒】早期化マーケットの中、今からやるべきこと【26卒】早期接点がポイント!学生の動き出しに合わせた活動準備New!!
【24卒・25卒・26卒】3世代の対応にあたり「今」できるベストなこと!
【25年新卒】秋のインターンシップ参加学生減少の理由と”今”できる打ち手