【徹底解剖!】リクナビネクスト・はたらいくの違い&向いている職種・業種とは?

【徹底解剖!】リクナビネクスト・はたらいくの違い&向いている職種・業種とは?

いざ、「中途採用を行おう!」と考えたとしても、世の中には数々の採用手法があり、「どれを使ったらいいか分からない…」そんなお悩みを抱える採用担当の方は多いのではないのでしょうか。今回はその中でも「転職サイト」、特にR4が扱う「リクナビNEXT」 「はたらいく」の違いをご説明いたします。

中途採用手法については、過去の記事にてお話ししておりますので是非ご覧ください。

リクナビNEXTとはたらいくの比較

リクナビNEXTとはたらいくの概要を簡単に比較したものが下記図です。
詳細はこの後の解説にてお伝えします。

リクナビNEXTの特徴と採用成功事例

リクナビNEXTの特徴

①日本最大の求人掲載数

掲載件数約7万5500件。登録者は累計1,000万人を超え、アプローチできる求職者は450万人以上。
そのうち35歳以下は約68%であり、若手はもちろん幅広い世代が閲覧・登録をしています。
※2022年12月19日時点

正社員で活躍したい・バリバリ働きたい求職者が多数。

リクナビNEXTでの原稿のうち約95%が正社員募集採用、また、求職者のうち約80%が現在正社員の方です。
※リクナビNEXT全体の原稿数:7万5500件/うち正社員募集の原稿:7万1617件
※リクナビNEXT全体の登録者数:50万3016名/うち現在正社員雇用の登録者数:39万8671名
2022年12月19日現在

上記のデータより、正社員の方が正社員でのお仕事を探している、もしくは、正社員で働きたいと考えている方が、リクナビNEXT内で求人を探していると考えられます。

③「登録制」の求人媒体

求職者へのアプローチが可能でありアプローチ方法は豊富。
『自社原稿閲覧前』『自社原稿閲覧後、未応募者』など、求職者の自社への関心度合でアプローチ方法が変更できます。

リクナビNEXTの一番の特徴は、アプローチをするための豊富なスカウト機能です。
求職者の自社への関心度合に合わせて、企業側からのアプローチ方法を変更することができます。そもそも媒体での募集の場合は【自社を知ってもらう】【気になってもらう】【応募してみようと思ってもらう】3フェーズが必要となります。

フェーズ1【自社を知ってもらう】
自社の求人原稿にまだ出会っていない求職者へ「採用を行っています!」ということを求職者に知ってもらうためにアプローチすることが効果的です。リクナビNEXTはその機能として「らくらくオファー」「求人告知メール」「ターゲットDM」をご用意しています。

登録者数(=閲覧者数)の多さ、豊富なアプローチ方法により、大量採用にも向いており、販売職や製造職の大量募集にもオススメです。

フェーズ2.3【気になってもらう】【応募してみようと思ってもらう
自社の求人原稿を見た求職者への後押しで応募意欲を高めるアプローチが効果的です。リクナビNEXTではひとりひとりのスキル・経験に合わせDMを送る「こだわりアプローチ」「スピードアプローチ」機能や、応募段階時に面接確約・面接日程調整を行う「スグ面」機能もご用意しています。

リクナビNEXTの採用成功事例

事例①

募集エリア:三河エリア
募集職種:生産技術職

上記でも解説したように、求人告知メール+こだわりアプローチの機能を使い、競合の多い三河エリアでの生産技術職の募集において、20代の未経験者を採用。未経験者の方ではありましたが、ターゲットとしていた「工業高校卒や工学部など工学系の知識がある方」を採用できています。

事例②

募集エリア:尾張エリア
募集職種:製造職

N5サイズで100名以上の応募を集め、5名以上採用応募者の半数ほどはこだわりアプローチ経由の応募者であり、いかにこだわりアプローチの効果が高いかが考えられます。

はたらいくの特徴と採用成功事例

はたらいくの特徴

地元で働きたいユーザーがターゲット

各都道府県単位での検索画面が最初に表示されること、あわせて地元で働きたい求職者が多く、年代も様々。比較的30代後半~50代前半が多めです。

ランダム表示

企業規模・認知度・予算にとらわれず求人が発見されやすいよう、検索軸の絞り込み後はサイズに関わらずランダム表示となっています。

他サイトにも無料転載

「はたらいく」だけでなく、「タウンワークネット・アプリ」にも無料転載。複数媒体に掲載ができることに加え、求職者へのアプローチも可能。


はたらいくの一番の特徴は、地元で働きたい求職者が多いこと(約75%)です。
そのため企業規模などにはこだわりがない求職者が多く、地場の中小企業様に多くご利用いただいています。
その中でも特にオススメなのが運送会社や倉庫会社などの運輸系の企業です。

はたらいくの採用成功事例

ドライバーや倉庫内作業(構内作業)を希望する方は地元で働きたい、という志向の方が多く、求職者の志向とはたらいくの媒体特性がマッチするため、有効な応募を集めることができます。

事例①

募集エリア:西尾市
募集職種:中型・大型ドライバー募集

4週間で6名の応募が集まり、大型免許をお持ちの男性1名採用。応募数としては多くないですが、愛知県のドライバー募集はかなり厳しく、4週間掲載で5件の応募があることも珍しく、非常に良い結果となりました。

事例②

募集エリア:大阪市
募集職種:フォークリフトオペレーター

4週間で10名以上の応募が集まり、うち40代男性1名を採用
はたらいくでは、リクナビNEXTと違いアプローチ方法は多くありませんが、応募者の半分はフォークリフトの資格を保有していたとのことで、媒体と求職者特性がマッチしていることがうかがえます。
オプション企画である「せきらら求人」では、自社の『約束できること』『ここは覚悟してほしいこと』を原稿内で求職者に伝えることができ、自社とのマッチング度も高く求職者に出会うことができます。(「せきらら求人」では写真も1枚追加できるため、雰囲気を伝えるのにもマッチしており、かなりオススメです!)

リクナビネクストとはたらいくの比較まとめ

リクナビNEXTとはたらいくの特徴や、オススメの募集職種などをお伝えしました。

もちろん媒体ごとに特性はあり、企業が求める求職者が多くいる媒体へ掲載するのが最適です。しかしながら、各企業様にて採用要件も違えば、雇用条件、仕事内容、企業の良さなどはそれぞれであり、企業様にとってどんな手法がいいのか、どんな原稿内容がいいのかは異なります。

まずは一度、R4までお問合せください。担当営業が貴社のご採用成功に向けて、貴社だけのプラン・原稿内容をご提案致します。

この記事を書いた人

鈴木 友紀乃 / 営業 / ウェブ解析士

得意な領域:メーカーやメーカーへの技術者派遣の中途採用。ドライバーや倉庫作業員(フォークリフト)の中途採用。
大切にしているスタンス:お客様にとっていいことも、悪いことも、全てお伝えすること。メリットデメリットのどちらも知っていただいた上で、ご判断いただきたいと思っています。

お気軽にお問い合わせください。052-212-2007受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

【人の動き・採用トレンド】に関する他の記事

採用トレンド:10月~12月|人の動きのデータを採用計画に役立てる
採用トレンド:10月~12月|人の動きのデータを採用計画に役立てる
採用トレンド:4月~6月|人の動きのデータを採用計画に役立てる
採用トレンド:4月~6月|学生・主婦(夫)・フリーターの動き
年末年始に採用活動(求人募集)をするメリットは?

採用ノウハウ・採用データに関連する記事

採用・雇用データ
【24年新卒】①選考継続時のポイント②内定者フォロー【25年新卒】早期選考に繋げるアプローチ│新卒採用情報
採用ノウハウ
株式会社R4新卒採用情報
【新卒採用情報】22卒|入社意欲UPのための内定者フォロー/23卒|情報の質UPのためのノウハウセミナー
採用・雇用データ
25新卒 三省合意によるインターン期の大変化と対策【新卒採用情報】

オンラインセミナー予約受付中!

社員が活躍し、生産性の高い組織をつくれる科学とは?!~FFS理論 無料紹介セミナー~
カテゴリー
定着・育成・マネジメント
株式会社R4
採用に関する無料お試し相談会 実施中!
カテゴリー
セミナー