年末年始に採用活動(求人募集)をするメリットは?データから見る。

年末年始に採用活動(求人募集)をするメリットは?データから見る。

年末が近づいてきますと、採用担当者様からは「年末は忙しくて採用活動できない」「年末年始は求職者が動くの?」とのお声をいただきます。
年末の中途採用マーケットとともに、年末に採用活動をするメリットをご紹介いたします。

年末年始の募集活動|中途採用マーケットのデータ

年末は中途採用閑散期

1年の終わりとなる年末は業務量が増えるため、採用活動を控える企業様が多くなります。それにより例年、求人広告の掲載件数が減少する傾向となっています。

掲載件数が減る分、ライバルとなる競合他社の掲載件数も減るということとなります。
普段埋もれてしまっている求人広告も発見されやすくなり、応募獲得につながる可能性が高くなります。

また、この時期は応募数が伸びる傾向があります。掲載件数が少なく、応募数が多い場合、下記グラフのように差が縮まります。この差が縮まっている時期は応募獲得する絶好の機会になります!
(2020年4月~10月頃は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により平均応募数、掲載原稿数に乱れがあります)

年末年始の募集活動|求職者の動向

情報収集をする時間が増える

年末年始の休みに入ると自由な時間が増えて、普段は目の前の仕事に追われている人たちもゆっくりと情報収集をして転職活動を進める事ができます。この休暇を利用して転職活動をするハイスペック人材に出会えるチャンスも高まります!

家族や友人と会って話す機会が増える

年末年始に帰省して普段会わない家族や友人に会って会話する機会が増えます。自分自身の仕事見直したりとそこで刺激を受けて今後のライフプランについて考えたときに転職の意欲が高まる傾向があります。

冬のボーナスを受け取ってからの退職を考える

ボーナスを受け取ってすぐの転職を考える求職者もいますが、ボーナスを受け取ってから、キリのいい年度の切り替わりタイミングとなる4月入社に向けて転職を活動する求職者もいます。

年末年始の募集活動についてのまとめ

年明けから本腰を入れた活動を始める企業様も多いなか、よい人材と出会え、採用に結びつかれる企業様は、
年に一度の大切な時期だからこそ、早めからご準備をされています。今を逃すと求人広告件数も増加し人材確保が難しくなります。
この時期の採用活動もご検討いただくのはいかがでしょうか?

求人募集についての無料相談はこちらから

【人の動き・採用トレンド】に関する他の記事を見る

採用トレンド:4月~6月|人の動きのデータを採用計画に役立てる
採用トレンド:4月~6月|人の動きのデータを採用計画に役立てる
採用トレンド:1月~3月|人の動きのデータを採用計画に役立てる
採用トレンド:1月~3月|人の動きのデータを採用計画に役立てる
採用トレンド:10月~12月|人の動きのデータを採用計画に役立てる
採用トレンド:10月~12月|人の動きのデータを採用計画に役立てる

採用ノウハウ・採用データに関連する記事

採用・雇用データ
【2月】中途採用の動向と求人募集をするときの対策
【2月】中途採用の動向と求人募集をするときの対策
採用ノウハウ
応募者が集まる求人票作成|採用成功のたった2つのポイント
応募者が集まる求人票作成|採用成功のたった2つのポイント
採用事例
派遣会社|Indeed運用で採用コストダウン~応募単価が1/2になった事例~
派遣会社|Indeedで採用数を増やす。応募単価1/2でコストダウン

オンラインセミナー予約受付中!

社員が活躍し、生産性の高い組織をつくれる科学とは?!~FFS理論 無料紹介セミナー~
カテゴリー
定着・育成・マネジメント
新卒採用 24卒・Z世代対応できていますか?!/特別講師:曽和利光氏
カテゴリー
新卒採用
名城大学共催『企業ではたらく博覧会』参加企業募集
カテゴリー
新卒採用